宇都宮市や小山市で、デスクワークで肩こりに悩む方への3つの方法

宇都宮市 小山市 肩こり 肩痛宇都宮市 小山市の慢性症状をなくす下野市の花の木整体院|どこに行っても治らない症状を改善する整体院|木村です。

下野市の花の木整体院には、肩こりや肩痛で悩み来院される方がたくさんおられます。また、このブログを見ていてだいているあなたも、肩こりに悩まされている一人なのかもしれません。

デスクワークと肩こりは、切っても切り離せないようなイメージがあり仕方ないとあきらめている方もいるかもしれません。

ですがそんなことはありません、たった3つのことを変えるだけで劇的に肩こり・肩痛や腰痛などからも解放されるかもしれません。

確認する3つのポイント

①デスクの高さと椅子の高さはあっていますか?

②身体から机までの距離はあっていますか?

③一度座ったら、どれくらいの時間座っていますか?

①デスクの高さと椅子の高さ
長時間のデスクワークになると、自分の身体が置かれている環境はとても重要になります。
まずは、デスクの高さですが、姿勢を正して座り、デスクに手をかけたときに自分の肩が上がらない(肩と首の距離が縮まらない)姿勢が理想になります。肩が上がる=肩が緊張していると考えてよいので、できる限り脱力した状態を作ることが必要になります。
次に椅子の高さですが、ひとつは両足の裏が地面に着く事が大切です。足を椅子の脚部分に乗せたり脚を組んだり、つま先だけで支えるような姿勢は足だけでなく全身の緊張を引き起こします。また、足の裏がついていたとしても、膝の角度がきつかったり伸びすぎたりしていることも太ももが疲れる原因となりますので、目安は膝が90°になるようにしてください。

②身体から机までの距離
机と椅子の高さが調整できたら、次は机までの距離が重要になります。書き物やキーボードなどデスク上で作業をすることが多い場合、近すぎても遠すぎても身体に負担がかかります。

近すぎる場合、肘を後方に引くもしくは肘が外側に開く姿勢になります。これは背中から腕への負担がとても大きいです。また首の角度も苦しくなります。
遠すぎる場合、デスクに覆いかぶさる形や腕を伸ばす姿勢になりますので、背中が丸まり猫背になりやすくなります。
デスクから拳2つ分間を開けて、自然に手を置いた位置で作業をできるようにしましょう。

③連続して座っている時間
デスクワークを主にしている方は、朝出勤~昼休憩までだったりお昼~退勤まで自分の席から立たないという方がいらっしゃいます。これは、肩こりだけでなく様々な身体の不調を引き起こす原因になりかねません。
人間は身体の中を血液が絶えず循環していることで健康を保っていますが、1時間座り続けていると下半身の血液を循環させる機能が50%も低下すると言われています。それが2時間3時間・・・と続くとすれば、肩こりのみならず、病気や死亡のリスクが高まると言われています。
低下した機能を改善させるために、1時間ごとに5分間のウォーキングをおすすめいたします。低下した機能は5分間歩くことで改善することができます。

肩こり・肩痛に悩まされている方は、この3つの方法を試してみてください。

ブログをご覧の方に特別なご案内

日々の肩こりや肩痛、身体の辛さから解放されたい!という方にお知らせです。
下野市花の木整体院では、そういった方のために定期的にセルフケア教室を開催しております!

今月は26日の土曜日に「みずぽっと体操教室」を開催いたします。詳しい情報は下記URLよりご確認ください。

月日: 11月26日(土)

時間: 16:00~17:00

場所: 花の木整体院   栃木県下野市花の木2‐5‐13

料金: VIP会員の方・・・ 500円
        一般の方   3000円
   (参加料金は、当日に集めさせていただきます。)

※広さの都合上定員を10名とさせていただきます。ご了承ください。

セルフケア教室の詳細はコチラ

整体 下野 電話
下野 整体 ネット予約


にほんブログ村